リコネクティブヒーリングそのものとして生活していく。なにをしていても。なにもしなくても。
医療従事者として考える、リコネクションの大切さ
最近の鍼の患者さんから、
予約しようと思ったけど、ブログをひらいたら気持ちが楽になった
メールでやり取りしているうちに、このままで大丈夫だと思った
と言って頂けることが増えて、とても嬉しく思っています。
まさに、そうなっていく日がくることを創造していたからです。
きっと、ブログをひらいたり、ちょっとしたやりとりが、自分の本質を思い出しているときの感覚を、思い出すひとつのきっかけになっているのだと思っています。
それでもなお、リコネクションというセッションを続けていく理由を鍼灸院で聞かれましたので、
以下に書いてみました。
宇宙の知性と再結合し、宇宙と調和して生きること。
リコネクションセッションにより、身体の中だけで完結していると思い込んでいる経絡に、宇宙と繋がっていたことを思い出させること。
そのことは、究極の自然治癒力と共にあるということであり、
免疫力は身体が 元々の健康を取り戻す方向に作動し始めてくれる。
だから、不必要な病気の状態は消えていく。
結果として、困っていた身体、心、様々な症状も変化していく。
自分自信の生き方が変化していくから、出会うこと、起こることも変化していくのだ。
自分が観ている世界は、宇宙と調和した世界になっていく。
不足感や恐れを感じる側面ではなく、豊かで満ち足りていいる瞬間瞬間の人生の側面を、見つけることが出来るようになるからだ。
心身の不調をなんとかするというだけでなく、生活のすべてに幸せななにかを発見できる人がこの世に増えていってほしい。
これがリコネクションのセッションをする、目的の一つだと思っている。
今この瞬間だけの幸せの話だけではない。
リコネクションにより、私たち自身が進化し、それが人類全体の進化にも関係している。

そして、私の今回の人生の中で達成されるかどうかはわからないけれど、

・病気そのもになる必要がなくなる
・病気そのものが幻想だと気がつく
・誰もが、訳のわからない病気に怯えることなく生きる
いつかこの世がそういう世界になっていくと本気で思っている。
なにより私自身がそういう世界に生きたい。
このことが、私が、リコネクティブヒーリング的に生きていきたく、リコネクションを提供しつづける理由。
なのです♪
鍼灸・臨床 comments(0) -
今日の『快』五感

色は、草木の緑色
香りは、レモンやオレンジの花の苦味あるスッキリする香り
味は、ベリー類の甘酸っぱい味、梅干しの塩辛酸っぱい味
音は、水の流れるような音
触は、ひやっとしてフカフカな感覚(そんなのあるかな?)

今日の私、こんな五感を快適と感じます
自分の訴えに耳をすましたら、なんとも快適な空間の出来上がり♪

自分の声に耳を澄まして自分で自分にヨシヨシしてあげよう♪

鍼灸・臨床 comments(0) -
「どうしていまさら・・・?」
先日、昔から良く知っている、同業者(鍼灸師)のYさんがみえました。駅から青葉台TianMingTangへ続く道を、二人して歩く中、「今日は文香ちゃんに聞きたいことが沢山あるの・・・」とYさん。「なんでもどうぞ〜!」と私。

「なんでいまさら、リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングなの?『リコネクション』を読んで、今までやっていたことと、考えは同じだと感じたよ。それなのに、どうしてヒーリングなの?」(ヒーリングという言葉には固定概念があるように思います。)

今年4月のリコネクティブ・ヒーリングのイブニングセミナーで、「文香せんせ〜」と突然声をかけられました。びっくりして振り返るとYさんが!Yさんはかつてよく鍼灸院においでくださっていた方で、同じ臨床家の道を選択した仲間です。仲良しのYさんでしたが、2006年秋から2008年春まで、私がこのワークを始めたことを、Yさんはじめ同業者の方にはあえてお話していませんでした。(NさんとMさんと後輩達以外)

「なんでいまさら・・・?」

有難うYさん!そんな、聞きづらいであろう事を、私との関係を信じて尋ねてくださって。

理由は三つ。
・「本来の自分を取り戻す人がある一定の人数に達すれば、世界は大きく変容する」という私の先生達の教え。それに賛同して臨床家として活動してきたけれど、わからないことが沢山あった。それに答えてくれ、先生達の考えと同じ要素(宇宙と再結合し本来の自分を取り戻すためのセッション)をも包括していたのが『リコネクション』だった。その目的の為にダイレクトにおいでくださる人びとが「リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングセッション」を受けてくださるから。
・具体的な、治療中の患者の様子(色が見える、身体の不随意運動など)の理由を捜し求めていた私が、『リコネクション』のおかげで「わからない」でいい、という真理に出会えた。
・「お金をいただくこと」に対する、私自身の恐怖や、患者にとっての意味合いについて、やっと納得する真理を、『リコネクション』が教えてくれた。

これらについて、Yさんにお話させていただいているうちに、改めて、自分にも説明しているような気がしました。自分の魂が自分に語りかけているような、気がしました。

こうと決めたことも、ゆらゆらゆれる日だってあります。
なんだか、私はなにをやってるのー???と落ち込む日だってたまにはあったりして・・・。

リコネ部屋を創るまで、患者さん全員に「私、こんなのはじめました〜」と言い出せなかったのも、たぶんYさんのような質問に、はっきり分かりやすく説明することが難しいと、心のどこかで感じていたからでした。


鍼灸師さんというのは、正義感の強い方が多いような気がします。
西洋医学で診断のつかなかった不定愁訴に対して、真摯に向かい合う先生も沢山います。
また、「治せない」ことにジレンマをかんじたり、自分のせいになさる先生も・・・。
そして、なるべく、安く、いつでもこれるように、診療時間をながーく取られている先生も・・・。
自分より患者のために・・!と思われている先生も。
難治とされる病気を理解しようと、色んな角度から一所懸命、勉強する先生も沢山います。
(私が鍼灸師なので鍼灸会のことを上記に様に思いましたが、他の職種だってもちろんそんな方がたは沢山いらっしゃいますよねひらめき

ですから、鍼灸師の先生方の中には「治るかどうかわからない」や「宇宙がきめる」や「高額」など、一見、なんで?どうかしちゃたの?と思われる方がいて、当然ではないかと私は思います。
ですけれど、『リコネクション』からであった素敵な鍼灸師さんだっています。
トレーニーとして参加した4月のリコネクションセミナーでは、「私も鍼灸師よ」と教えてくださる参加者のかたもいらっしゃいました。

リコネクションと出会うにいたるまで、私がした、いくつかの経験。「体験してしまった。」という事実。それは変えようも無く、いつもそこに在り、忘れそうになると、「ここにいるよ」と声をかけてくれます。

・恐怖に基づく依存・恐怖に基づく予防について
・私が退いていた方が「奇跡的治癒がおこる」と確信した出来事
・顔も名前もしらない方にした、「遠隔」でびっくりした出来事
・無料で治療し続けた2人 価値の交換が出来た人と出来なかった人との差

これらのことについて、ブログに書いていこうと思います。
先日、Yさんに、そして、私の心に、説明したことを、きちんと言葉にしてみます。

Yさんは、11月のセミナーで、いっきにレベル3まで駆け上がります。
Yさん、有難う!色んなことを気付かせてくれて。
鍼灸・臨床 comments(5) -
依存?・・・ただ好きなだけ♪
今日も、鍼灸院での出来事。
一ヶ月に一度くらいのペースでおいでになる看護師さんは、お子さんが5人もいる肝っ玉母さん。
先月おいでになったときは、たまたまとっても体調が悪く、いつものお喋り(主に韓国映画について)もままならないご様子でした。その日の治療院での様子を、翌朝同僚に話したところ、「あなた、鍼の先生に、依存してるんじゃない・・・?」と言われたそうです。
「依存してるんですかねえ・・・?」
「うーん・・・どうでしょうねえ・・・?」

依存させる治療、というのは、私達の本意ではありません。なかにはある時期そのような状態にいて、充分休息してから、手放していく方もいます。
それでも、最終的に、「治る」「改善する」「元気になる」などの選択をするのは、私達医療従事者ではなく、おいでになる方たちお一人お一人の「選択」。

「私達がいなければ、治らないと感じます?」
「うーん・・・いいえ!そんなことないです。」
「私達の治療院の予約について、いつも、考えてます?」
「いいえ!予約してるのを忘れることもありますね(笑)。」

その後、韓国映画の話題に、会話は移っていきました。
治療時間も終盤にさしかかり、なにげなく、「ある韓国にホームステイした日本人青年が、反日感情を強く抱いていたおじいさんおばあさんと親しくなり、帰国する頃には、かえらないでくれかえらないでくれ、と抱きしめられていた」というような、テレビでみた実話について、話題にしたところ、私の中で、なにか懐かしいような韓国の映像が浮かびました。
ふとみると、患者さんが身体を震わして泣いていました。
「大丈夫ですか?どうなさったのですか・・・?」
「なぜか、懐かしさがこみ上げてきたのです・・・。私は先生に、昔も韓国で鍼を打ってもらっていたのかもしれません。ただ、この治療院がすきだから、ここにきたいのかもしれません・・・。」

目を瞑ると、いくつかの場面が浮かんでは消えるような気がしました。今生でよく知っている人びとが、韓国での場面場面に、登場してきました。今回の人生で、また出会えるように、私達はみんな、「選択」して転生してきたのでしょうか?そして、迷わず、こんな風にみんなと出会えたのでしょうか。

韓国・・・。不思議な感情が、今もまだ続いています。
鍼灸・臨床 comments(2) -
2008年夏至の日 
本日、鍼灸院に朝一番にお見えになった方は、先週生まれたリコネベイビーのお父さん。幸せそうに来院されました。赤ちゃんは、今年の3月にお母さんと共にリコネクションを受けました。生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれてくるその時まで「女の子」だと思われていました。出てきてびっくり!男の子!きっと、男性性の中に女性性がバランスよく内在する、「ゆだねる」ことを知る、真の男性性をもつ、素敵な男の子なんでしょう!ようこそ地球へ!地球その子のお母さんは看護師さんであり、鍼灸学校3年生。「生まれそう!」な状態のとき、鍼灸学校は期末試験を控えていました。それを知ってか、赤ちゃんはお腹の中で静かに待機。お母さんは、夫と母親がかわりばんこに付き添う中、無事試験を終え、その後に出産!リコネベイビー親孝行です〜♪お母さんはリコネクティブ・ヒーリングプラクティショナーでもあります。『赤ちゃんにリコヒしたらレジスター反応がちゃんとあって感動しました。』というメールを頂きました。オメデトウ!Sさん夫妻!生まれて来てくれて有難う!Hくん!(リコネベイビー)
リコネベイビーHくんよつばのクローバー



本日リコネクション2回目のためお見えになった方は、本屋さんでWorldTherapyを手に取り、エリックの出ているページで「わーーーー!」という何かを感じたそうです。その最中、それまで人が居なかった哲学のコーナーの自分の周りに、どんどんと人が集まってきたとか!エリックのいう、「ある臨界点」、「人類がこのエネルギーにもっと気付き始めると、わざわざ教える必要はなくなるでしょう。たとえば、劇場や飛行機で隣り合った人からこのエネルギーを得ることができるのです。」この言葉が、徐々に徐々に起こっていることを、感じさせるような出来事について、お話してくださり、質問して下さいました。リコネクション2回目の終わり、『おかえり』という言葉を聞いたそうです。
私にとっても素晴らしい体験を、有難うございました。

本日鍼灸院に最後に見えた方は、癌が骨転移してしまっているという方でした。その方に「リコネクション」の本をお勧めしたところ、早速読み始めてくださいました。ご自身のことだけではなく、大変な状態を抱えて入院されているお知り合いの方がたにも、リコネクティブ周波数を受け取ってほしい・・・とお考えです。もしかすると、11月のセミナーにも参加されるかもしれません。
「人を癒す 自分を癒す」この言葉がとても、心に沁みたそうです。
自分の本質とのつながりを完全なものとし、より、自分の道を進むべく、来週「リコネクション」の予定です。


2008年夏至の日、色々な方の色々な人生に、触れさせていただきました。
有難うございました。

明日から大阪です!大阪でお会いする皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。
鍼灸・臨床 comments(2) -
自分に鍼
先日、久しぶりに自分に鍼しました。リコネセミナーにトレーニーとして参加してから、右の鎖骨付近が痛いー・・・となっていました。合気道の受身で自分の体重の重みに耐えられず、右の鎖骨がポッキリ折れてしまったのは、中学一年の時・・・。それはさておき、その痛みとは関係なく、その日は自分に鍼したいー!という気持ちになったのです。膝から下に二本。手首に一本。そうして暫く横になっていたら、なにかがほどけていくような感じがしてきて、あとは、波にゆらゆら揺られているみたいな・・・。朝起きてみたら痛みはほとんど消えていました。

私はもともと強い刺激を使うことを好まないので(というか出来ない・・・)、鍼をガンガンうってくれ!とか、これでもかって程揉んでくれ!という患者さんのニーズに応える事が出来ません。うちの治療院は、幸い他の先生たちがその両方のニーズに応えてくれるので、私は、自分のやりたい方向へと進むことが出来ています。ありがたいことです。もともと、宇宙エネルギーの宇宙の法則を知りたくて鍼灸学校にたどり着いた私は、直接患者さんに触らなくても大丈夫だという考えが根底にありました。大丈夫なんですけど・・・肉体をもつ身なんですよね・・・私達は。
よくあるたとえですけれど、肉体を乗り物、精神・霊性を運転手と考えると、乗り物に乗り込んで運転して、今生を生きていく以上、乗り物のメンテも大切ですよね。乗り物に、痛みや痒みや腫れや痺れなどの不調がおこるから、運転手の運転の仕方や、通る道の状態を、検討でき理解でき、軌道修正もできるのですよね。そして、ちなみに、リコネクティブ・ヒーリングにおいては、宇宙が、肉体・精神・霊性のバランスを取り戻してくれるから、医療行為ではなく、効果効能も約束はできないけれど、その人に必要な癒しが起こるのです。

さて、ここ数年でどんどん道具を使いたくなくなってきている私。
「このツボはこんな効果効能がある」というのは、勿論知識としてしっていますけれど、舌や脈をみて、「あなたの体の今の状態はこんなですよー。」とアドバイスは出来ますけれど、ただ、この仕事が、宇宙エネルギーの次に好き。そんな感じになってきました。
ただ、好き。香りもそうです。お花の香りや、柑橘の皮の香りが、ただ、好き。
ただ、好きで使用する。そして、天命を待つ。そんな感じ。
肉体が欲するときも、確かにある。鍼がなくては、香りがなくては、なにも出来ない、というのではなく、ただ、好きだから、ただ欲しているから、使う。そこには、依存させる関係もなく、依存する関係もなく、お互いに自由で平等。ただ施術者役と患者役に配役を決めて生まれてきただけ。

リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングのご予約をお受けする私のHP「TianMingTang」は、実は私共の治療院「天命堂」に中国語のピンインをふったものです。2006年秋にHPを立ち上げることになり、その名が思いつかなかった私は、「人事を尽くして天命を待つ」という好きな言葉と「天命堂」という治療院名の両方から、TianMingTangを思いつきました。(笑)
エリックさんの考えやリコネクションやヒーリングに対する考えが、私にはしっくりときたものの、その金額の「平等な価値の交換」に賛同したものの、治療院内の価格設定とのあまりの差について、上手く言葉にて説明するのが困難な時期がありました。それで、「天命堂」と名づけるのに二の足を踏んでしまいました。でも今、車や洋服や家にその価値を掛けたいのと同様、リコネクションにその価値を掛けたいと思われる方が存在することが、増えていることが、わかってきました。純粋に、宇宙・愛・神と再結合したい、と思われる方々が沢山いらっしゃるということも。そして、私の治療院に来てくださる方たちに、知られて困ることはなかった・・・と治療院に見える全ての患者さんのお顔を思い浮かべて、そう思えたのでした。

久しぶりに自分にした鍼には、肉体を超えて、精神・霊性、宇宙へととび、自分を再確認する、素敵な体験となりました。

青葉台TianMingTangでお待ちしています。byキャットミント
鍼灸・臨床 comments(5) -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
fumicafe

Home Page

TianMingTang


Team Heart Works

COMMENT
ARCHIVE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
リコネクション―人を癒し、自分を癒す
リコネクション―人を癒し、自分を癒す (JUGEMレビュー »)
エリック パール, Eric Pearl, 久美子 フォスター
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングを詳しく知りたい方はこちらをおすすめします
The Reconnection Japan

The Reconnection Japan